スタッフ間の情報連携不足を解消したい管理者の方へ

Message

老人介護福祉施設や訪問系サービス事業所など、介護の現場で起こるスタッフ間の情報連携不足。小さなミスが大きな介護トラブルを招く原因にもなりかねません。業務を効率よく遂行するには、各スタッフの情報リテラシー向上が必須になります。高齢者施設で起こりうる潜在的なトラブルを情報連携で最小限に留めること、西城玄の人件費で業務の効率化を推進すること、これらが今後の施設運営には欠かせません。そんな介護に携わる管理者のみなさまに・・・
スタッフ管理のための新ソリューションサービス
「メルケア」が生まれました。



伝えたい情報が「本当に伝わっているか?」・・・
   状況がいつでも、どこでも、すぐに把握できます
発信した情報が相手に伝わっているかの確認と把握は、大切な情報であればあるほど気になります。緊急に伝えたいものの多くは重要な情報であることが通例ですのでなおさらです。一斉に配信したものを一覧で確認できるようなことは勿論、閲覧できていない相手には催促メールを自動的に発信して情報の確認を促します。また、情報の内容がいつまでも残っていることはセキュリティ上、好ましくないので、一定期間を経過すると内容を自動的に見えなくする仕組みも実装しています。

1.共有情報を効率化して
  人件費削減

2.伝達ミスによる
  トラブルや介護事故防止

3 データ統計による
  人事評価データとしての活用

4.医療介護連携による
  情報共有(多職種連携)

5.表示期間設定による
  セキュリティ強化


確実に伝える!これからのメールの新基準「メルケア」
スタッフ間の「言った・言わない」「聞いた・聞いていない」を減らしたいとお考えなら、ぜひご利用をご検討ください。
只今、使い心地が確認できる1週間無料体験を実施中です。お気軽にお問い合わせください。